運動療法につなげる単純X線像の読み方

-大腿骨近位部骨折と腰椎圧迫骨折について-

 

 2020年のカリキュラムの改正に伴い、「画像評価」がPTOT養成校の教育に加わります。運動器疾患の評価においては単純X線像やCTMRIを読む力が求められているということです。

 このセミナーでは高齢者に好発する大腿骨近位部骨折と腰椎圧迫骨折を対象に、単純X線像を中心に、CTMRI画像の読み方の基礎を学び、症状の理解や適切な運動療法の選択につなげることを目的としています。画像を見て、ただ「折れている」だけではなく、「だから痛いんだ(痛くないんだ)」とか、「だから動かないんだ(動くんだ)」などと、ちゃんと構造的な特徴から症状が理解できることは大切で、「だから今、この運動をするべきだ」とか「今はさせるべきではない」という判断へと結びつけられれば、最も効率的で患者に負担を掛けない運動療法を実施することができるようになります。

 単純X線像の読み方は他の部位にも共通するので、当該部位以外にも画像情報に基づいて外傷の運動療法を展開したいと考える方に役立つ内容です。臨床経験の短い方にも理解できるように基礎からお話しします。

 理解を深めるために、仮想患者を材料にグループでのディスカッションも行う予定です。

[日程]

2018年6月24日(日)

 

両日ともに10:00〜16:00

 

[会場]

刈谷市産業復興センター203会議室

 

[受講費]

 早割:9,720円(/24迄の申し込みの方

 通常:11,880

  

[定員]

40名(先着順)



浅野(あさの) (あき)(ひろ) 先生    

【著書】

・運動療法に役立つ単純 X 線像の読みかた

・整形外科運動療法ナビゲーション(上肢・体幹)、同(下肢)

 

論文

《関節外科399号》

・鎖骨骨折・肩関節脱臼の運動療法 (平成259)

《理学療法ジャーナル482号》

・入門講座 拘縮 難治性の手の拘縮 (平成262)

他多数

 

【活動】

・整形外科リハビリテーション学会 常任理事

・人材育成委員長・特別上級指導員

・日本理学療法士協会 専門理学療法士(運動器)


【申し込み方法】

左図をクリックして、お申込み手続きを行って下さい。

※振込の際、振込名義の前に必ず【0624】と入力してください。

※先着順とさせていただきます。

 

【注意事項】

※管理の関係上、必ず上記のフォームメールよりお申し込みをお願い致します。

※お申し込み後、振込先の案内メールをお送り致します。

※お申し込みから10日以内に振込みをお願い致します。

10日以内にお振り込みがない場合は自動キャンセルとさせて頂きます。

※振込みをこちらで確認しましたら、参加決定とさせて頂きます。

※講習中にHP資料用の撮影をさせて頂きますのでご理解ください。

※講習中での個人での録音・撮影等はご遠慮ください。

※講習会資料の著作権は、講師の先生に帰属しますので資料の複製・加工及びインターネット上へのアップロード等を厳禁とさせて頂きます。

※当団体の講習会では、スタッフも勉強会に参加し皆さんと一緒に勉強させて頂いております。スタッフとして、講習中はできる限り皆さんのサポートをさせて頂きますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

※領収書は基本的に個人名でお渡ししておりますが、病院名での受け取りを希望される方は事務局までお申し付けください。
※講習会中での実技などによる事故、怪我については責任を負いかねます。
※その他、講習会に関するご質問・ご意見はすべて事務局までご連絡いただけますよう宜しくお願い致します。

※緊急時以外、個人に直接のご連絡はお控えください。

 

【キャンセルポリシー】

①お振込み完了と同時にキャンセルポリシー契約発生とします。

②当日の欠席やセミナーキャンセルなどいかなる理由があろうと受講料の返金は致しかねます。(ただし、代理出席は可能ですので、その際はご連絡下さい。)

③第2種感染症(インフルエンザ、流行性耳下腺炎など)に感染し欠席される場合は、証明書の提示等の手続きが完了次第、返金する場合がございます。

④ご返金は振り込みにて行います。

※振込手数料は受講者様のご負担とさせていただきます。

 

以上の事項をご了承頂いた上で、お申し込みください。

何かご不明な点がございましたら、事務局までお気軽にお問い合わせください。